30代の敏感肌が選ぶべき基礎化粧品とは?

30代の敏感肌が選ぶべき基礎化粧品とは?

20代では肌は最高潮に美しくなるのに、30代に差し掛かって、急に敏感肌になるという方も少なくはありません。これも少しずつ始まっていく老化現象だからです。とはいえ今の30代はまだ十分、若さが残っていますし、肌の美しさもキープできていますよね。でも密かに敏感肌に悩み始める時期に来ていることも確かです。

 

肌の老化は水分量の低下と皮脂の分泌の低下が原因です。健やかな肌はこの水分と皮脂が肌のバリア機能を強化しているので、肌は刺激に負けません。しかし2つの量が減っていくと、バリア機能が低下し、敏感肌になってしまいます。すると肌の炎症も起こりやすくなってしまい、肌のコンディションが安定しません。

 

30代の敏感肌のお手入れの課題になるのは、水分補給と炎症を鎮めること、そしてうるおいで肌のコンディションを正常化させて、ハリを回復させ、しわやほうれい線を目立たなくさせることになってきます。肌の老化をそのままにするというよりも、今の肌の問題を軽減させながら、健やかに整えることが重要です。

 

老化をストップさせることは誰にもできません。ただし廊下のスピードを緩やかにさせることは可能です。そのため保湿と抗炎症作用、ハリの回復をスキンケアでサポートするようにすることが30代の敏感肌をお手入れする条件になるのです。

 

ですから基礎化粧品も保湿効果と抗炎症効果、ハリの回復の3つを行えるものがふさわしいといえるでしょう。敏感肌の悩みは3つの効果がうまく働き、効果を実感できるように整えてくれることが課題になると言ってもいいですね。敏感だから乾燥しやすく、炎症も起こりやすく、ハリも失われやすいのです。

 

上手に敏感肌と付き合っていくためには、スキンケアをあきらめるのではなく、自分の肌の問題と向かい合ってくれる基礎化粧品のサポートを受けることです。30代の敏感肌をどうお手入れしたかで、10年後、20年後の肌のコンディションは変わってくることも知っておきましょう。

 

 

↓↓ トライアルセットも30日間返金保障が付いているので安心ですよ♪ ↓↓

 

 

口の周りのしわに効く化粧品【本当に効果があるコスメは?】